心理療法でADHDを治す

ADHDの心理療法は、精神的なところから改善を促す治療法になります。ADHDの治療には、薬物療法も用いられますが、あくまでも症状を抑えることしかできません。
着実にADHDを治療して行くためには、薬物療法で症状を抑えながら、内面から治療して行かなければならないのです。特に、子供の場合は、人間性や社会性もまだ未熟なので、薬物療法と心理療法を併用することが望まれます。
ADHDの心理療法に用いられる方法としては、コーチングをはじめ、認知行動療法や行動療法が挙げられます。中でも、トークンエコノミーの手法を使った行動療法は、善悪の判断を養うのに有効とされ、継続することでADHDの症状が現れにくくなるものです。
また、メンタルケアもADHDの治療には欠かせないと言われています。不安感や感情の起伏が激しいADHDは、放っておくと強い劣等感を抱くようになってしまい、自分への自信を無くしてしまうケースが多いようです。このような劣等感や不安を解消させるために、メンタルケアが用いられています。
さらに、ソーシャルスキルトレーニングと呼ばれる社会性を身に付けていく方法も取り入られるようです。これは、ゲームなどを用いながら、自然と社会性を学ぶことができ、個人のスキルを向上させることができます。
ADHDは、治療を開始すると刻々と状況が変化するので、定期的に医師の診断を受けることが大切です。その時の症状に応じて、適切な治療法を選択すれば、患者本人も苦痛なく生活することができるでしょう。

関連記事

このページの先頭へ