ADHDは治療は親の支えが不可欠

ADHDという病気は、あまり一般的ではないため、あまりよく分からない人も多いことでしょう。もし、自分の子供がADHDになってしまったら、その知識を学んでおかなければなりません。ADHDは、脳の障害のひとつですから、親は子供と一緒になって治療をバックアップしてあげることが重要です。
一番辛いのは、ADHDを抱えている子供本人であり、障害に対する不安はそう簡単に拭い切れるものではありません。子供によっては、自分が悪いと思い込んでしまい、大きなストレスを抱え込んでしまうケースもあるようです。
ADHDは、問題行動が目立ったり、ひどい場合はパニックになることもあります。このような症状が現れたら、親として冷静かつ慎重に対応してあげなければなりません。安易に怒鳴りつけてしまうと、ADHDをさらに進行させてしまう可能性があるので注意しが必要です。
また、ADHDの問題行動によって、自分がだめな人間だと決め付けてしまう子供も多いとされます。良い事をしたら必ず褒めてあげるなどして、自尊心を少しでも持たせるような工夫が必要になるのです。
そして、生活習慣を正すこともADHDの治療に大切と言われています。今までの習慣は、すぐに正せるものではないので、本人が改善しやすいところから始めて行くようにしましょう。
家族のバックアップがあれば、ADHDの子供に多い社会性、自制の欠如を改善することができます。ADHDを改善させようと、急いでしまうと本人が一番辛くなってしまうので、子供と良く向き合って治療を進めて行くようにしましょう。

関連記事

このページの先頭へ