ADHDに向けたサポート

ADHDは、医師の的確な治療と家族のサポートが欠かせない障害です。とは言っても、ADHDは不可解な部分が多いため、何も知らない家族が全ての知識を得ようとしても無理があります。
ADHDは、生活習慣の見直しをはじめ、薬物療法や心理療法などあらゆる方法で改善を図って行きます。治療には、たくさんの方法が重なってしまうことも多いため、家族も基本的な知識を学んでおかなければなりません。
今では、発達障害支援法という法律が整備されており、これはADHD患者にも有効です。この法律があることで、ADHDの治療に向けたあらゆるサポートを受けることができます。
その昔、ADHDは親や家庭が教育を怠ったことが原因と認識されていた時期がありました。この概念は、時代が進むと共に正しい原因が突き止められるようになり、機能不全ということが分かったのは1960年代のことと言われています。
ADHDは、子供の障害としてしばしば取り上げられますが、「片づけられない女たち(サリ・ソルデン著)」の出版と同時に大人もADHDになることが一般的に広まりました。発達障害支援法の施行は、この出版直後なので、その影響力の大きさを伺うことができます。
発達障害支援法の内容は、ADHDだけでなく、学習障害や自閉症などの患者をバックアップすることが盛り込まれています。ADHDへの取り組みは、国を上げて行われており、教育機関をはじめ、福祉機関や医療機関などが一緒になってADHD患者をバックアップしているのです。
今では、ADHDの相談センターが多く設立されているので、気になる症状があれば相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

このページの先頭へ