ADHDはどのように診断するのか

ADHDを素早く見極めるには、子供の普段の生活態度をしっかりとチェックすることが大切です。問題行動が目に付くようであれば、早めに専門医に相談することをおすすめします。
ADHDの診断は、まず問診と面談によって行われます。日常生活でどのような問題行動を起こしているか、どのようなことに手を焼いているかなど、医師と話し合うことから始まるのです。ADHDを抱えている全ての子供に同じ症状が出るとは言えないので、普段の問題行動を予めメモしておくようにしましょう。
そして、遺伝と関連が深いのもADHDの特徴と言われています。家族にADHDの既往歴がないかも医師に伝えておく必要があるでしょう。
ADHDの診断基準には二種類存在しており、アメリカ精神医学会による「DSM-IV」というものがまずひとつです。他には、WHO(世界保健機関)が定めた「ICD-10」というものがあります。
いずれも、ADHDの診断基準として世界中で幅広く用いられているもので、普段の行動からどのADHDに当てはまるかを調べるものです。この診断結果によって、医師が的確な治療方法を探って行きます。
結果的に、ADHDかもしれないということが分かれば、家庭以外の情報も集めることになります。学校や幼稚園の先生の話を聞いたり、知能検査、身体検査も同時に進めて行く必要が出てくるのです。
さらに、直接子供の話も聞きながら、ADHDの最終的な診断結果を導いて行きます。ADHDの症状は様々なので、このような診断方法があっても、すぐに結果が出ないこともあるようです。

関連記事

このページの先頭へ