食事でADHDを治す

ADHDは、様々な方法で治療することができます。そのひとつに、食事療法があり、ADHDの原因が食物であるとの考えからあみ出された方法です。
今では、あらゆる食物に添加物が多く使われていたり、糖分を多く摂ってしまうなど偏った食事が問題視されています。ADHDに見られる多動、注意力の低下はこのような食事によって引き起こされるという見解もあるようです。よって、添加物と糖分の少ない食事を取り入れてADHDを改善させて行く治療法ということになります。
糖分の過剰摂取は、砂糖を多く含んでいる食物に偏ってしまうことで起こります。ミネラル、ビタミンといった栄養素は、砂糖を分解するために欠かせないものです。
砂糖を過剰摂取してしまえば、このような栄養素が不足してしまい、健康を損ねてしまうことりなります。栄養不足に陥ると、怒りっぽくなる傾向もあるようなので、ADHDへと発展しやすいと言われているのです。なので、ADHDは砂糖をなるべく摂取しないようにすれば、改善できると考えられています。
そして、イギリス政府の研究では、ADHDが添加物と大きく関係していることが言われています。この因果関係については、まだ不可解な部分が多いようですが、栄養バランスの整った食生活を送るためにも、添加物が多く使われている食物はできるだけ控えたいものです。
栄養バランスに優れた食事で、昔から言われているのが和食で、砂糖や添加物があまり使われていません。ADHDを食事で治療するなら、和食中心の食生活を目標にしてみると良いでしょう。

関連記事

このページの先頭へ