発達障害 AD/HD

発達障害 AD/HDについてです。

発達障害 AD/HDの記事一覧

年齢よって異なるADHDの症状

ADHDは、年齢の経過によって症状が顕著に現れると言われています。なので、その時の年齢によって、現れやすいADHDの症状というものがあるのです。乳児のADHDの場合は、自己表現力が極めて乏しいため、行動だけではなかなか判断することができません。ADHDという病気を知らない親ならば、なおさら気付きにく...

年齢よって異なるADHDの症状の続きを読む>

食事でADHDを治す

ADHDは、様々な方法で治療することができます。そのひとつに、食事療法があり、ADHDの原因が食物であるとの考えからあみ出された方法です。今では、あらゆる食物に添加物が多く使われていたり、糖分を多く摂ってしまうなど偏った食事が問題視されています。ADHDに見られる多動、注意力の低下はこのような食事に...

食事でADHDを治すの続きを読む>

様々な原因で発症するADHD

脳の一部に障害が起きるとADHDを発症しやすくなります。しかし、脳の神経伝達物質に異常が発生することでもADHDになる可能性があるようです。脳内に存在する無数の脳細胞は、神経伝達物質を介して、あらゆる情報を伝達し合っています。神経伝達物質の代表的なものには、ドーパミンなどが挙げられます。神経伝達物質...

様々な原因で発症するADHDの続きを読む>

薬物治療でADHDを治す

ADHDには、様々な症状が現れますが、これは薬物治療で改善することが可能です。薬物治療の場合は、ADHDの対処療法ということになり、症状を現れにくくする作用があります。ADHDを抱える子供は、じっとしていることがとても苦手です。集中力が欠けていることで、授業中でもすぐに教室中を歩き回ってしまい、学習...

薬物治療でADHDを治すの続きを読む>

本当にADHDかどうかを見極めるには

ADHDは、脳の異常の一種ですが、他の病気である可能性も否めません。本当にADHDかどうかは、自分だけで判断せずに医師による診断が重要になります。ADHD以外の脳の異常には、サヴァン症候群をはじめ、チック障害やアスペルガー症候群、自閉症、不安障害そして学習障害や行動障害もあります。これらは、いずれも...

本当にADHDかどうかを見極めるにはの続きを読む>

環境変容法でADHDを治す

ADHDは、物事への集中力が散漫りなり、注意力を失ってしまう傾向が強く現れます。特に、好奇心旺盛な子供の場合は、ADHDを抱えていることで、場所や時間を選ばずに色々なことに興味を示します。学校で授業を受けている最中に、窓の外の状況を過剰に気にしてしまい、学習が身に付かないというケースが多くあるようで...

環境変容法でADHDを治すの続きを読む>

心理療法でADHDを治す

ADHDの心理療法は、精神的なところから改善を促す治療法になります。ADHDの治療には、薬物療法も用いられますが、あくまでも症状を抑えることしかできません。着実にADHDを治療して行くためには、薬物療法で症状を抑えながら、内面から治療して行かなければならないのです。特に、子供の場合は、人間性や社会性...

心理療法でADHDを治すの続きを読む>

ADHDは二種類の診断基準がある

ADHDは、子供の脳障害のひとつとして考えられていますが、どのような診断基準があるのでしょうか。ADHDの診断基準として世界的に用いられているものには「DSM-IV」「ICD-10」の二種類が存在しています。子供によってADHDの症状が異なるため、このような基準を設けた上で、診断結果を導き出して行く...

ADHDは二種類の診断基準があるの続きを読む>

性別によるADHDの発症率

脳の異常のひとつであるADHDは、性別による発症率はどのようになっているのでしょうか。結論から言うと、男の子の方が発症しやすいと言われており、性別による比率は4対1と言われています。脳の構造は、性別によって異なるため、発症率に違いが現れるという見解があるようです。とは言っても、女の子でもADHDを発...

性別によるADHDの発症率の続きを読む>

ADHDにはどのような症状があるのか

ADHDと一言で言っても、その症状は実に様々なので、判断が付きにくいかもしれません。しかし、ADHDに多く見られる症状というものがあり、これらは注意優勢型と多動性・衝動性優勢型などに分けられています。注意優勢型は、注意力の散漫が主な症状になり、授業中でもそわそわしてしまうなどの症状です。そして、多動...

ADHDにはどのような症状があるのかの続きを読む>

ADHDにはどのような症状があるのか

子供の脳の障害とされるADHDには、様々な症状が現れます。中でも一番多いと言われているのが不注意で、集中力が欠けてしまうことで現れるものです。子供は元々、ひとつの事に集中するのは難しいものですが、ADHDの場合はそれが顕著になっています。学校で授業を受けていても、集中できず落ち着きのない行動を執って...

ADHDにはどのような症状があるのかの続きを読む>

ADHDはどのように診断するのか

ADHDを素早く見極めるには、子供の普段の生活態度をしっかりとチェックすることが大切です。問題行動が目に付くようであれば、早めに専門医に相談することをおすすめします。ADHDの診断は、まず問診と面談によって行われます。日常生活でどのような問題行動を起こしているか、どのようなことに手を焼いているかなど...

ADHDはどのように診断するのかの続きを読む>

ADHDに大切なセルフコントロールとは

自制心を失ってしまうADHDは、自分の思うがままに行動してしまうため、問題行動に発展することが多くあります。ADHDを治療するには、自制心をしっかりとコントロールできなければ、改善効果を見込むことはできません。そこで利用されているのがセルフコントロールということになります。今自分が何をすべきかを着実...

ADHDに大切なセルフコントロールとはの続きを読む>

ADHDは治療は親の支えが不可欠

ADHDという病気は、あまり一般的ではないため、あまりよく分からない人も多いことでしょう。もし、自分の子供がADHDになってしまったら、その知識を学んでおかなければなりません。ADHDは、脳の障害のひとつですから、親は子供と一緒になって治療をバックアップしてあげることが重要です。一番辛いのは、ADH...

ADHDは治療は親の支えが不可欠の続きを読む>

ADHDに向けたサポート

ADHDは、医師の的確な治療と家族のサポートが欠かせない障害です。とは言っても、ADHDは不可解な部分が多いため、何も知らない家族が全ての知識を得ようとしても無理があります。ADHDは、生活習慣の見直しをはじめ、薬物療法や心理療法などあらゆる方法で改善を図って行きます。治療には、たくさんの方法が重な...

ADHDに向けたサポートの続きを読む>

 | 

このページの先頭へ